緊張

緊張する理由とは?心身の仕組みを理解すれば対処も分かる!

わん太
わん太
ともぞ〜。先生、明日クラスで発表会があるんです。
みんなの前で発表するのって、ドキドキするから嫌なんです。

でも先生?こういう時に、なんで緊張しちゃうんでしょうか?

ともぞ〜。
ともぞ〜。
わん太くん、その気持ちはよく分かるよ!
先生も小さい頃、発表が嫌いだったんだ。発表という文字を見ただけでも、ドキドキしてたくらいだよ。

でもね、緊張する仕組みを知っておくと、対処方法もわかるんだ。
少しずつ伝えるけど、実は緊張はして良いものなんだ!

わん太
わん太
へぇ〜、そうなんですね。
その仕組み、教えてください!

緊張の症状

[jin_icon_pen color=”#0261ef” size=”18px”]緊張の症状[jin_icon_pen color=”#0261ef” size=”18px”]
◯赤面する
◯口が渇く
◯冷や汗をかく
◯表情が硬くなる
◯頭が真っ白になる
◯「え〜〜〜」「あの〜〜〜」などが多くなる  etc.

わん太
わん太
ぼく、頭が真っ白になることがあります!
何かを話そうと思っても、うまく言えなくて。
ともぞ〜。
ともぞ〜。
頭が真っ白になると焦るから、それでもっと緊張しちゃって余計おかしくなっちゃうこともあるよね。
みんなそれぞれ出やすい症状は違うんだけど、なぜこういった症状が出るのか伝えるね。

なぜ緊張する?

ともぞ〜。
ともぞ〜。
緊張する理由は「体が戦闘体制に入っているから」なんだ。

元々ニンゲンを含めた動物は外敵から身を守るために、周りの動きに集中して全身を硬直させることで、素早く行動できる本能が備わっています。

素早く行動するためには、体温を上げ筋肉に血液を送らなければなりません。
そうすると身体反応としては、体温を下げるために汗をかいたり、消化機能が抑えられることで食欲不振下痢になったりするわけです。

戦闘態勢に入るスイッチとして、不安恐怖があります。上記のような身体反応を引き起こす物質が「ノルアドレナリン」です。

わん太
わん太
ノルアドレナリンって何ですか?

ノルアドレナリンとは何者?

ともぞ〜。
ともぞ〜。
ノルアドレナリンはね、脳や神経から分泌されるホルモンっていうものの一つで、通称「集中ホルモン」なんて呼び方をされるんだ。

ノルアドレナリンの効果

集中力や判断力を高める

記憶力や学習能力を高める

ストレスに対応する

など

つまり、緊張することは決してネガティブな意味を持つわけではないということです。

ともぞ〜。
ともぞ〜。
スポーツ中継をみていると
「緊張感が漂っております」
「会場が緊張の渦に包まれております」
なんて実況をよく聞くよね。

緊張があるからこそ、いい勝負ができたり感動したりするんだよ。

わん太
わん太
そうなんですね。
緊張って、全然悪いものではないのがわかりました!

緊張というものは人間が生きていく上で必要なものであり、「緊張しないようにしよう」という発想自体が、無意味なものなのかもしれません。

ともぞ〜。
ともぞ〜。
ちなみに緊張を和らげるホルモンもあってね
それが「セロトニン」といって、通称「幸せホルモン」と呼ばれているんだ。


緊張のメカニズム

これまでの話で、緊張にはホルモン(ノルアドレナリン、セロトニン)が関与していることは理解していただけたかと思います。

ともぞ〜。
ともぞ〜。
これらホルモンは、ある神経に支配されることで緊張のバランスを取ってくれているんだ。
その神経が「自律神経」という神経だよ。

わん太
わん太
自律神経って、聞いたことあるようなないような…?

運動神経と違いあまり聞き慣れないかもしれませんが、自律神経はみえないところで私たちの心身を守ってくれるすごく大切な神経なんです。

自律神経には「交感神経」「副交感神経」の2種類あります。
シーソーのようにお互いがバランスを取りながら、どちらが優位になるかその場に応じて変えています。

ともぞ〜。
ともぞ〜。
この自律神経は内臓の働きも調整する力があって、自分の意志とは関係なく動いてくれるんだ。
わん太君は、「ご飯食べたから、今から胃で消化させようかな!」なんて考えないでしょ!?胃が働いてくれるのは、自律神経のおかげなんだ。
わん太
わん太
うん、そんなこと思ったこともなかったです。

つまり自分の意志でコントロールできないのが、自律神経の一つの特徴です。

わん太
わん太
え、じゃあ緊張って自分じゃどうしようもないのですか?
ともぞ〜。
ともぞ〜。
わん太くんいい質問だね!
実は緊張に関しては、意識的にコントロールすることができるんだよ。
それを次回、「緊張を楽にする方法」で伝えていくよ!



【厳選】緊張を楽にしたい方必見!心身の仕組みから考える6つの方法「緊張するから嫌だなぁ」そう思った経験がある人は多いと思います。ここでは緊張を楽にする方法について、すぐに実践かつ継続して実施していける方法を紹介しています。緊張することがあると、いつも憂鬱になってしまう方必見です。...
今回のポイント

・緊張するのは「戦闘態勢に入っているから」

・ノルアドレナリンとセロトニンが緊張のバランスをとっている

・意識的に緊張をコントロールできる方法がある

最後まで、ご覧いただきありがとうございました。

ABOUT ME
ともぞ〜。
ともぞ〜。
介護支援専門員/理学療法士 病院や施設で高齢者と関わる仕事をしております。 健康が大事と言われておりますが、健康ってなんだろう?そう疑問に感じていました。その健康という言葉を、少しずつ紐解きながら今何ができるのかを考えています。 そういった中で得た経験について、講座という形でまとめています。