介護・医療

【訪問介護の魅力と実情】厳しい現実と期待される現状。

訪問介護とはヘルパーや介護福祉士が利用者の住居を訪問し、身体介護生活援助などを行う介護サービスです。

訪問介護は介護サービスの中で訪問系サービスに位置付けられていますが、高齢者数の増加や地域包括ケアシステムの推進により、在宅で生活する高齢者が増加することが予想されます。
そういった意味でも、訪問介護は特に重要なサービスであると私は考えています。

今回は訪問介護の魅力を紹介することに併せ、その現状は厳しいものがあるという点にも触れていきたいと思います。

訪問介護の魅力

「地域包括ケアシステムの構築」が推進される中、住み慣れた地域で生活を続けたいというニーズは、今後も増えると私は考えています。

平成28年度の「高齢社会白書」(内閣府)によると
介護が必要となった場合に、自宅での介護を希望している人は

男性の42.2%

女性の30.2%

と報告している

今後の社会において、老々介護独居高齢者が増加してくることは、おそらく間違いないでしょう。
その時に安心した生活をするにはどうしたらいいのか?
そのようになった時、訪問介護が担う役割は非常に大きいです。

さらに訪問介護は、居宅に入り実際の生活をみて支援ができる。
当たり前のことと思うかもしれませんが、ケアマネジャーとして非常にありがたいことと感じています。

ケアマネジャーの立場で考える訪問介護の強み

・直接生活に関わることができる
・動作の援助をしつつ、利用者の動きの状態を確認することができる
・実際に動く中での利用者の気持ちを聞くことができる(これが大事!
・定期的に関わることで、状態変化に即座に気づくことができる

ケアマネジャーも利用者宅を訪問しモニタリングをするのですが、十分にアセスメントができるわけではありません。
また、利用者の動きを見るというよりは、座ったままあるいは寝たまま話を聞くことが多いです。そのため、実際に動きを把握することは不足しやすいです。

そこで訪問介護にて、実際の生活場面を見てもらう事で、本人の話と実際の生活状況が合っているのか、また生活状況と介護の状態が適切なのかを判断することができます。
訪問介護が関わってくれるからこそ、利用者の本当のニーズに気づくことができると考えています。

訪問介護を取り巻く問題

訪問介護は実際の生活に関わるため、その利用者の世界に入り込むということになります。

利用者それぞれ生き方が違うため当然ニーズも異なってきますが、そこに対して「援助技術の未熟さ」だったり「苦情への対応の難しさ」だったりが重なると、訪問介護の精神的負担が大きくなる事が予想されます。
このようなことを背景として、さらに賃金面や身体面の負担が加わってしまうと、結果離職してしまう職員も少なくないのです。

「援助技術の未熟さ」「苦情への対応の難しさ」

賃金面

身体的負担

離職

そもそも訪問介護の職場は圧倒的な女性職場であり、非正規職員の割合も多い環境と言われています。

生活援助や多様なニーズに対応するためには、女性や非正規職員が多い環境が適していたのかもしれませんが、今の世の流れを考慮するとこのままでいいのかと考えてしまいます。

訪問介護の離職が進めば、自宅での生活を諦めざるを得ない利用者も出てきてしまうでしょう。

まとめ

今回は、訪問介護の魅力と現状についてお伝えしました。

訪問介護の必要性は今後も高まることが予想されますが、労働環境は決して楽なものではありません。
今後の社会情勢、制度の見直しには注目していきたいものです。

私もケアマネジャーとして何ができるのか、考えていきたいと思います。

ABOUT ME
ともぞ〜。
ともぞ〜。
介護支援専門員/理学療法士 病院や施設で高齢者と関わる仕事をしております。 健康が大事と言われておりますが、健康ってなんだろう?そう疑問に感じていました。その健康という言葉を、少しずつ紐解きながら今何ができるのかを考えています。 そういった中で得た経験について、講座という形でまとめています。