緊張

なぜ倦怠期は来るの?付き合いたての頃のドキドキはどこへ…?

わん太
わん太
先生、最近ぼく彼女ができたんです。
ぼく恋愛のことよくわからないんだけど、倦怠期っていうのがあるんですか?
友達がそれで別れたって言うので…。
ともぞ〜。
ともぞ〜。
彼女ができたのか!おめでとう!!
倦怠期かぁ、確かにそういうのはある。
でもね、倦怠期ってのは原因もちゃんとあるんだよ。これを機会に恋愛のことも勉強していこうか!

今回は恋愛に関しての記事です。

付き合いたての頃って、ドキドキしますよね!
付き合うことになったけれど、相手がまだ本当に好きか確信が持てないし、ちょっとのことで嫌われるかもしれないっていう不安もありますよね。

でも今回は、その時期が過ぎた後の倦怠期に注目します!
ラブラブだった時期が過ぎ、お互いの冷めた関係が続いて結局別れたなんて話を、よく聞くかと思います。

ともぞ〜。
ともぞ〜。
実はその原因って、2人ではなくホルモンが関係しているかもしれないんだ!

倦怠期が訪れるメカニズムを知り、その対処法がわかることでもっと恋愛を楽しめるはずです!

この記事はこんな人にオススメ

〇恋愛中の人

〇倦怠期というので別れた経験がある人

〇ホルモンの力に興味がある人

恋愛におけるホルモンの影響

好きな人と付き合えることになると、一日中その人のことばかりを考えてしまうものです。
その時脳内では、「快楽ホルモン」と言われるドーパミンが大量に分泌されています。
ドーパミンが分泌されていることで、恋人のために頑張ろうとやる気がより溢れ出てくるのです。

また、ドーパミンからはノルアドレナリンが作られます。ノルアドレナリンは「集中ホルモン」と言われ、集中力や記憶力を高めてくれます。
恋人と深夜までLINEのやり取りをしたり、恋人の趣味や誕生日をすぐ覚えたりできるのは、このノルアドレナリンが分泌されているためです。

でも、ドーパミンやノルアドレナリンが活躍しているとセロトニンの分泌は低下してしまいます。セロトニンは「幸せホルモン」と言われ、心を落ち着かせてリラックスさせる力を持っています。

ドーパミンやノルアドレナリンの力で、恋の熱量を上げていくことは大事なのですが、セロトニンが不足した状態では、しだいに心も体も疲れ切ってしまい恋愛を楽しめなくなり、やがて終焉を迎えてしまうのです。

快楽ホルモン:ドーパミン

集中ホルモン:ノルアドレナリン

幸せホルモン:セロトニン

このバランスが、恋愛感情を大きく左右する

対処法

では、どうすれば恋愛はうまくいくのか?

キーワードはセロトニンオキシトシンです。
オキシトシンとは「愛情ホルモン」と言われ、パートナーと絆を深めたり幸福感をもたらす作用があります。

オキシトシンはスキンシップで分泌されます!
肌に触れ合うことや、キスをすることなどで恋人との絆は深まります。

幸福感があると緊張感から解放され、セロトニンが分泌されやすくなります。
そうなると二人でいることがリラックス状態となり、いつまでも一緒にいたくなる関係性が作られていくのです。



ともぞ〜。
ともぞ〜。
どうだいわん太くん?ちょっと難しい話だったかもしれないけど、彼女のことも自分のことも大切に思うことが大切なんだ。
これを知ったわん太くんは、これからもきっとうまくいくよ!
わん太
わん太
先生ありがとうございます!
スキンシップとかまだ恥ずかしいけど、大切にしたいと思っているんです。
また相談させてください!
なぜ倦怠期は来るの?

・ドーパミンとノルアドレナリンによってヒートアップしている

・セロトニンが不足しているから恋愛に疲れてしまう

・スキンシップでオキシトシンを分泌させることを意識

ホルモンの影響を知ることで、もっと恋愛が楽しくなるようにしていきましょう!!

最後まで、ご覧いただきありがとうございました。

ABOUT ME
ともぞ〜。
ともぞ〜。
介護支援専門員/理学療法士 病院や施設で高齢者と関わる仕事をしております。 健康が大事と言われておりますが、健康ってなんだろう?そう疑問に感じていました。その健康という言葉を、少しずつ紐解きながら今何ができるのかを考えています。 そういった中で得た経験について、講座という形でまとめています。