コミュニケーション

あなたの話し方は大丈夫?【嫌われる話し方・態度】を知っておくべし!

ぽち二郎
ぽち二郎
自分のことばっか話す人って、嫌われるってホント?
ともぞ〜。
ともぞ〜。
まぁ人によるところもあるけど、良い印象を与えない話し方っていうのはあるんだ。

あなたの周りにこんな人はいませんか?

自分のエピソードトークばかりする人

何でも否定から入る人

リアクションが薄すぎて話を聞いているのか分からない人

これらはコミュニケーションを取る上で、嫌われやすい傾向にあります。
しかし厄介なことに、これらをしてしまう人は無自覚であり、相手にどのような印象を与えているのか気づけていない場合が多いのです。

今回は、その場の雰囲気を悪くしてしまう話し方、あるいは態度についてまとめていきます。

相手に嫌われる話し方5選

マシンガントーク

自分の話がうまい、面白いと思っている人にこの傾向があります。

普段の会話は、トークショーの場ではなく言葉のキャッチボールをおこなう場です。
自分の話ばかりしてしまい相手の話す機会を奪ってしまうと、相手の「共感されたい」「認められたい」という欲求が満たされず不満が溜まります。

食い気味で否定する

相手の話をすぐ否定するような人と、誰も話したいとは思いません。

自分の考えが正しいと思ってしまうと、相手をすぐ自分色に変えてくなってしまうものです。これまで自分の考えを否定されず、みんなを従えてきたのかもしれません。
ですがそれは周りが空気を読んで、反発していなかっただけの可能性があることも知るべきです。
まず相手の言うことを一度受け入れて、その上で自分の意見を言うようにするだけでも、相手へ与える印象は全然違います。

ノーリアクション

相手の話が聞こえているはずなのに、イエスもノーも、うんともすんとも反応しない場合は、もはや否定してることと同じです。

自分では反応しているつもりでも、相手がそう捉えていなければ意味がないです。自分を客観視することが大切です。

愚痴や妬み嫉みのオンパレード

言葉には魂が宿と言われています。

ネガティブな発言をしている人は、心も体もマイナスの状態になっていきます。
そしてその魂が宿った言葉は聞く人にも影響を及ぼすため、相手の気分も悪くしてしまいます。

愚痴などを言う人は、言うことで自分をスッキリさせています。
それを聞いている人も便乗して愚痴を言って発散できれば良いですが、愚痴をよく思わない人は、そのような人に近づかない、あるいは聞き流すスキルを身につけると良いでしょう。

モスキート音のような声

「生まれつき声が小さいんだもん」そういう方もいるでしょう。

聞いている側もあなたが悪い人ではないことはわかっていますが、聞き返す手間はどうしても疲れてしまいます。
また聞いている側は「自分の聞き方が悪いのかも?」と必要のないことまで考えてしまい、結果ストレスが溜まり話すことが億劫に感じられてしまうものです。

呼吸の練習をしたり、話す環境を工夫することが必要です。

ぽち二郎
ぽち二郎
うわ、オレマシンガントークやっちゃってるな…

相手に嫌われる態度3選

兵隊かのように手を後ろで組む

今の世の中、それほど気にする人はいないかもしれませんが、手を後ろで組む行為は「偉そうだ」「隠し事がありそうだ」などという印象を与える場合があります。

人の話を聞くときは、手を前に組むか体の横につけることを意識しましょう。

リズムを刻むような貧乏ゆすり

貧乏ゆすりの語源は、諸説ありますが「貧乏人が寒さで震えている様子」からきていると言われています。

貧乏ゆすりは、本人としては緊張や不安を少しでも和らげたいという逃避行動の表れのため、絶対ダメというわけではありません。
外から見ていると「落ち着きがない人だ」「気になってこっちが集中できない」という印象を与える可能性があることを、知っておきましょう。

髪の毛や顔をよく触る

髪の毛をクルクル触ったり、口元を押さえながら話をする人がいますが、これも貧乏ゆすりを同じパターンで、緊張や不安を少しでも和らげたいという逃避行動の表れのためです。

人は動くものに目がいってしまうものです。話している途中に髪の毛や顔を触っている様子を見ると「話聞いているのかな?」「ナルシストなのかな?」など、余計なことを考えてしまいストレスが溜まる原因となります。

ともぞ〜。
ともぞ〜。
態度は普段の習慣が表れるから、自分では気づけていないことが多いんだ。
上司と話をしているとき、何かに没頭しているときに、自分がどのような姿勢や態度を取っているのか確認してみよう。

話し方や態度について興味がある方は、こちらの書籍も参考になります。

これをきっかけに、話し方について意識しより円滑なコミュニケーションが取れるようにしていきましょう。

今回のポイント

話し方や態度で、損をしている場合がある

普段の話し方や態度は、無自覚な場合が多い

嫌われるパターンを知り、自分を客観視してみよう

最後まで、ご覧いただきありがとうございました。

 

ABOUT ME
ともぞ〜。
ともぞ〜。
介護支援専門員/理学療法士 病院や施設で高齢者と関わる仕事をしております。 健康が大事と言われておりますが、健康ってなんだろう?そう疑問に感じていました。その健康という言葉を、少しずつ紐解きながら今何ができるのかを考えています。 そういった中で得た経験について、講座という形でまとめています。